出会い系に潜むデブスの見分け方と実際に会ったときの対処法を紹介します!

公開日:

出会い系には確実にブスでデブな女性が存在します。
やり取りを重ねて会う日も決めて、テンション高めで待ち合わせ場所に行ったらモンスターがいた…。

このモンスターとの遭遇は、出会い系を利用している以上避けて通れない非常に重大な問題です。

自分好みの女の子と出会いたいから、ポイントを購入して出会い系を利用しています。
タイプの女の子とご飯食べたりエッチすることが、出会い系を利用する目的です。

しかし、一緒にいるのはマジで辛いレベルのデブスが待ち合わせ場所にきた場合、そんな期待やポイントがムダになってしまいます。
さらに待ち合わせ場所まできた時間もお金も返ってきません。

このように、出会い系でデブスに出会ってしまうと一つもいいことはありません。
それでは、そんなデブスとの出会いを避ける方法はあるんでしょうか。

こんにちは。
出会い系、会えるってよの管理人・バード貴族です。

この記事では出会い系にいるデブスの見分け方と、実際にデブスと出会ってしまったときの対処法の解説をします。

デブスの見分け方

僕はこれまで『これは一緒に歩くのはきつい…友達に見られたらめちゃくちゃダサい…恥ずかしい』というレベルのデブスに会ったことがあります。
(参考記事:出会い系で出会った女の子がパンチ効き過ぎたデブスだったから30分で帰った失敗談…出会えるな〜!またまた出会い系で1日2人の女の子に会っちゃった!(二人目:30歳WebデザイナーAさん)

実は体験談としては書いていないんですが、もう一人デブスと会ったことがあるんです。
その時なんて片道50分ほどかけて会いに行ったのに会った瞬間からお手上げレベルのデブスで、なんとか我慢して居酒屋まで行ったものの、30分も耐えきれずにお店を出るというクソつまらない体験をしました。

しかもその居酒屋の店員さんはみんなかわいいし、隣の席には同伴と思われる出勤前のキャバ嬢がいてその子もめちゃくちゃかわいいし、なんで僕だけリアルモンスターハンターしなきゃいけないんだと情けなかったです…涙

そんな経験を振り返ってみると、デブス特有の特徴のようなものがあることに気づきました。

これから紹介するのは、僕が遭遇したモンスター3匹に共通する特徴です。

プロフ写真での判断は不可能

会う前にプロフ写真見ればブスかどうかわかるだろ!って言うかもしれませんが、プロフ写真でブスを見分けることは絶対にできません。

上で紹介したデザイナーAさんなんて、プロフはめちゃくちゃかわいかったですからね。
でも実際に待ち合わせ場所に行ってみたら、本能的に会うこと自体危険だと感じてその場で逃げるボタンを連打せざるを得ないほどひどいレベルのモンスターでした…。

それじゃ何枚か写真くれって言ったらいいじゃないか!と思うかもしれませんが、出会い系に巣食うモンスターに抜かりはありません。
200%増しにかわいく盛った写真なんて、いくらでも持っています。
さらに、当日の待ち合わせのために服装の写真を送ってって言っても、上手に加工した写真が送れられてくるんです。

今はアプリでいくらでも写真を加工できる時代です。
写真だけでブスだと判断することは、絶対にできません。

体型がぽっちゃり

出会い系 デブス

それではどこで見分けるかですが、出会い系にいるデブスは写真は上手に加工しますが、プロフではデブなことを正直に告白しているんです。

どの出会い系サイトでもプロフにスタイルの記載があると思うんですが、それが『ぽっちゃり』以上だったら、デブスの可能性が高いです。

リアルの社会では、細いくせに『痩せた〜い』、『細くなりた〜い』って言ってる女の子いますよね?
それと同じようなもんじゃないの?と言われるかもしれませんが、出会い系の場合の『ぽっちゃり』の申告はマジです。

私、太ってます宣言

出会い系 デブス

プロフの一言コメントに、『わたし、太ってます。それでもよければメールください。』、『内面重視の方、メール待ってます』などと書いてあったらデブスの可能性高いです。

プロフ画像はかわいく盛った写真を載せるのに、プロフでは太っていることを正直に書く。
上の体型の話も同じですが、どうして太ってることを正直に告白するのでしょうか。

デザイナーのAさんはこんなことを言っていました。

デザイナーAさん

男性のいう『女性はぽっちゃりくらいがいい』なんて言葉は信用しない。
そんなこと言ってた男性に限って、一度会ったあとは連絡がつかなくなる

この時かなり強い気持ち、意思を感じました。
もしかしたら待ち合わせ場所に来た男性が、その場ですぐに帰ってしまったのかもしれません。
もしかしたら待ち合わせ場所で、何度も音信不通のドタキャンをくらったのかもしれません。

そういう辛い体験が、太っていることを正直に告白させているのかもしれません。

もしプロフ写真をデブスだとわかる写真に設定してしまうと、メールをもらえなくなってしまう。
それは嫌だから、プロフ写真は精一杯かわいく写った写真を用意する。

しかしやり取りを重ねて実際に会う場合、太っていることはどうしても隠せない。
だから最初に『私は太ってます。デブです。』と伝えておくことで、痩せてる女の子が好きならそっちにいってね?と予防線を張っているんですね。

実際に会ったときの男性のガッカリした顔を見ることで、女性自身も傷ついています。

ですからデブスとは絶対に会いたくない!と思っているのであれば、女性のプロフに『私、太ってます』や『内面重視の人と会いたい』なんて書いてあったら、やり取りするのは避けたほうが良いです。

それがお互いのためですからね。

日記やつぶやきなどサイト内の活動が活発的

ワクワクメールなど大手の出会い系サイトは、日記やつぶやきなどSNSとしての機能も充実していますが、出会い系にいる一般の女の子はわざわざ出会い系サイトで積極的に自分をアピールするようなことはしません。
FacebookやTwitter、インスタなどを使い、リアルな友達と交流しています。

しかしデブスはリアルの世界で羽ばたけず、出会い系サイトに居場所を見つけています。
なので、日記やつぶやきなどを熱心に更新し、そこで自分の存在をアピールするんです。

出会い系は圧倒的に女性側が優位に立てます。
日記やつぶやきなど更新すると、たくさんの男性から絡んでもらえます。
男性側もそこから絡んで仲良くなろうと考えますから、積極的に絡みます。

デブスからすると、その絡まれてること自体が快感であり、自分に興味を持ってくれる男性の存在が嬉しいんです。
普段異性と絡めないからこそ、出会い系のSNSの機能を存分に活用して貪欲に出会いを求めています。

出会いに積極的

ですから、出会いにはかなり積極的です。
デブスは自分から会う話を振ってきますし、自分から『自分はエロい』だとか『出会い系で会った男性とヤった』とか言ってきます。

ワクワクメール やり取り

こういう話を聞くと、会えば簡単にヤレそうだと思ってしまいます。
実際簡単にヤレてしまうんでしょうけど、相手はデブスです。

あとはあなた次第ですね笑

次のページ:デブスと出会ってしまったときの対処法

Page 1 2